FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
03.08

通院(2018/3/8)

Category: 通院
2018年3月8日(木)

今日は通院日でした。

先月の通院では、その数日前にやらかしたイレウス(軽いやつ)の影響が血液検査に色濃く反映し、CRP6.68というありさまでございました。6.68と言われても「?」でしょうけど、標準値が0.3未満ですので、なかなかの高値です。多分普通の人が急に6上がったらめちゃくちゃしんどいと思います。でも常に具合悪い私はマヒしてしまって「6.68?ふーん。高いなぁ。」ってな感じです。そういえば前回は検査結果の数値を見て主治医も心配してくれたらしく、アシスタントの方が待合室まで「サンプサンプさん!具合悪いですか?すぐに呼ばれますからね!」とわざわざ声をかけてくれたのでした。急に声をかけられた私はそのときボケーっと座っていたのですが、びっくりしてしまって「ほぇ~?」という間抜けな返事しかできなかったのでした。きっとますます心配されたのだと思います。

さて、本日の検査結果です。診察室へ呼ばれた私はドアを3回ノックし、中へ入って「こんにちは~」という挨拶を交わすや否や、主治医の机上に置いてある検査結果の紙面に目を走らせるのでした。まるで渡された通信簿を恐る恐る開いて確認するときのような、期待と不安が入り混じった気持ちで…。前回のブログでも書きましたが、目標は2以下なんです。贅沢は言いません。最近痛みも(ほぼ)ないし、膨満感も(ほぼ)ないし、熱も(ほぼ)ないし、何よりもエレンタールで暮らしてるんです!間違いなく前回よりも下がっているに決まっているのですが、なんともドキドキします…。

いつもの紙面なのでどこにCRPが記載されているかは知っています。

あ。

ん?

おお。

1.12!

1.12が出ました!

わー。期待以上に下がってますよこれ。がんばっても2.2とか2.3とかじゃないかな~と思ってたので、本当に期待以上です。ピョンチャンオリンピックのメダルラッシュみたいなもんです。

これは、ひとえに厳粛にエレンタール生活を実行したおかげ、と言いたいところですが、きっと「ゼンタコート」の効果がより大きいのではと思います。ゼンタコートとエレンタール生活のダブル効果というところでしょうか。さすがステロイドです。しかも今のところ副作用を感じていません。ステロイドでしっかりと炎症を抑えて、エレンタールで狭窄の問題をクリアする、すばらしいコンビプレイです。

今後もCRP1前後で抑えられれば、本当に手術は回避できるかもしれません。ただしエレンタール生活がもれなくついてきますが…悩ましい~。

主治医に確認したこと
私「この調子でいけば手術は回避できますか?」
主治医「クローン病の場合はやはり手術はやむを得ないときにだけすべき。状態が落ち着いている中で手術に踏み切る必要はない」
私「へそのすぐ下がぽっこりして固いんですけど、これは小腸ですか?なんでこんなに固く膨らむんでしょう?」
主治医「そこは小腸。大腸狭窄の影響である」
私「エレンタール6P/日に増やしてもらいたいです」
主治医「偉いのである。近年は栄養療法を厳しく言う医者は少ないが、本来であれば栄養療法をもっと実施するべき。しかし患者に強制するわけにもいかない。非常に難しい問題なのである。」

実際の主治医はこんな偉そうにしゃべりません(笑)エレンタール生活をしていることを誉められました~。誉められると伸びるタイプです。ガンバリマス。

あ、ちなみに貧血は相変わらず10に届かず、フェロミア継続です。(基本的にふらついてます(笑))

次回の通院は4月6日です。




2018/3/7(昨日)の記録
体重50.4kg、体温朝36.8~夜36.4、軽微腹痛(へそ周り)、へそ固さ中、便回数2(軟便・下痢)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側臀部に1か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・エレンタール6包/日(栄養補給・成分のアミノ酸が炎症を抑えるとも…)
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)


<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sumpsump.blog.fc2.com/tb.php/32-13269789
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。