FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
02.14

狭窄と便回数

2018年2月14日(水)

今日はバレンタインデーですね。会社でチョコが回覧・配布されてました(笑)
いまどき会社で義理チョコが回るというのは珍しいのではないでしょうか。どうなんでしょう。

さて、狭窄と便回数の話しです。

去年の10月に初めてのイレウスを経験した私ですが、実はその2か月くらい前から便回数の減少がみられてました。これまで6~8回ほどの便回数だったのが、だいたい3~4回に減っていたと思います。はっきり言って病状が回復しているものだと思ってました。膨満感と腹鳴りの不安要素を除けば…。

実際はもちろん狭窄が進んでいたから便回数が減ったのですが、イレウス発症時はもちろん便回数ゼロ。おならすら出ません。イレウスなりたて、まだ腹痛がそこまで強くないときですが、トイレに座っているのに何も出ない。門は固く閉ざされたまま。大昔に経験した便秘そのものです。当時は便秘なんて慣れっこでしたが、クローン人間になってからはこんな経験全くないので、正直恐怖でしかありません。これがもしかして腸閉塞ってやつなのか!と愕然としたものでした。

現在の便回数は1日にほぼ1回です。2回出てくれるとまだ安心なのですが、たまにゼロとかあって恐怖です。1日1回で毎日すっきり!ということなら全く問題ないのですが、もう残ってる感じが満載です。残糞感があるのに、力んでも全く出ません。思いっきり頑張ってもぷすっとガスだけとか。

ただ、トイレが減ったこと、それ自体だけを考えると暮らしは楽になってます。なんせ前は1日に何回も、夜中にだって必ず目覚めてトイレでしたから。今は夜中に起きることもなく朝まで眠れています。こう見ると平和なんですが、それも絶食あってのこと。少しでも食事をするとあの地獄の、痛みの時間がやってまいります。絶食エレンタール生活ということを加味すると、トイレが減ったところでやっぱり良い暮らしとは言えませんね。食事したいですよね。

狭窄がなく、暴飲暴食さえしなければ食事もある程度楽しめて極度に体調を崩すこともないけどトイレ地獄。
狭窄があり、食事の楽しみを完全に犠牲にしながらエレンタール生活ならトイレも少なく平和、ただし食べちゃったらイレウス。

さて、どっちが良いですか?



いや、どっちもダメですよね(笑)
はあ。より良い治療が早く生まれますように・・・。(手術は嫌だぁ)


2018/2/13(昨日)の記録
体重49.6㎏、体温朝36.5~夜36.8、腹痛ほぼなし→夕方からチクチク、便回数2(軟便~下痢)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなしです。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なし) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sumpsump.blog.fc2.com/tb.php/13-989e6c58
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。