FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
03.17

ブログ引っ越しました

Category: 未分類
ご報告が遅くなりましたが、先日よりアメブロさんにブログを開いて、ここの記事を全て引っ越しました。アメブロはクローン病の患者さんもたくさんいて、いろいろな情報交流が期待できそうなので、今後はアメブロでやっていきたいと思います。これまでお世話になりありがとうございました。もしよろしければ新居までお越しくださいませ!

https://ameblo.jp/gcce345/

それでは。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
03.12

アロマ始めました。

Category: 日常
2018年3月12日(月)

睡眠って大事ですね。ってこないだ書きましたけど、先日アマゾンで注文した小っちゃいキャンドル50個が昨日届いたので、前から持っているアロマオイルを垂らして早速使ってみました。前にアロマを炊いていたときは、ランプ(ミニ電球)の熱で皿に垂らしたオイルを熱して揮発されるもので楽しんでいたのですが、ランプが壊れてしばらくお蔵入りしておりました。今回の方法はミニキャンドルに直接オイルを垂らして火をつける、それだけ。キャンドルは底がアルミで包まれていて使い終わったらそのまま捨てられるので手入れも不要です。お気に入りのアロマはラベンダーとマートルの合わせ技。キャンドルの火に直接さらされるのでオイルが燃え上がったらどうしよう、と少々わくわくしながら火をつけましたが普通に小さく揺らいでいるだけでした。さらに熱が強すぎるので速攻で揮発してしまって香りが全然しなかったらどうしよう、と少し思いましたが全然問題なく部屋全体がアロマ空間になりました。何よりも暗い部屋の中でゆらゆらとキャンドルの火が小さく灯っていて、とてもリラックスしながら眠りにつくことができました。最近は朝目覚めるとなかなか二度寝ができなかったのですが、今朝はぐっすりと二度寝できました。非常におすすめですので皆さんも是非ー!

宣伝するわけではないですが、私が今回使ったのはこれです。
<キャンドル>
kameyamaティーライトティン 50p
<アロマオイル>
ナチュラスサイコス(アロマ通販)




2018/3/11(昨日)の記録
体重49.8kg、体温朝36.8~夜36.8、軽微腹痛(へそ周り)、へそ固さ中、便回数2(軟便・下痢)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側臀部に1か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・エレンタール6包/日(栄養補給・成分のアミノ酸が炎症を抑えるとも…)
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)


<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量

Comment:0  Trackback:0
2018
03.11

エレンタール生活の落とし穴。人間だもの…。

Category: 発症
2018年3月11日(日)

今日であれから7年ですね。今でもあの震災を思い出すと胸が苦しくなります。亡くなられた方々、今でもご苦労の中にいらっしゃる方に心よりお悔みと応援の気持ちを送らせていただきます。

さて、今はまだ朝の9時なのですが、明け方にとても複雑な心境になる出来事がありました。


おもらしです。


まさか40にもなっておもらしを経験するとは驚きですが、いつも通りの明け方、おしっこに行きたくなってトイレに行き、便座に腰を下ろそうとしたところ(基本的に座ります)、パンツの股のあたりが濡れております。「はぁ?なにこれ。・・・」寝起き頭でボケボケなので最初は何が起きているのか理解が追いつきませんでした。「なに?どっかで水使った?」と夢遊病を一瞬疑ったのですが、「あ、これもしかしてションベン漏らしたってことか!?」と理解できたのは、昨夜はエレンタールを1,200ccに加え、特製スープをお代わりしたのでおそらく500cc、さらに薬を飲むのに水200cc、合計2L弱の水分を寝る前に摂取していたことを思い出したときです。そして寝る前におしっこせずに寝たのです。結果おもらしです…。「寝る前におしっこして寝るんだよ~」という世間のママさんの言葉が頭の中に響いてきました。「そういうことか!」と納得です。みなさん、寝る前にはおしっこしましょう!

パンツとスウェットパンツを洗濯機に投げこんだあと、「もしや布団が!?布団は無事なのか!?」と、相当ビビりながら確認したところ、幸い漏らした量は少なかったため布団はサラサラでした。「そこらへんのガキンチョとは違うんだぜー。と、なんとなく得意げになって布団に戻り、二度寝に入ったのでした。「寝る前におしっこしよう」と心に誓いながら…。

おもらしするのが子供とお年寄りだけかと思ったら、大人もするんですね。人間ですもんね。

※実はお腹がゆるゆるのときには大きい方もやってしまったことがあります。大きいといっても少量でしたし、痔ろうの膿を受け止めるための女性用ナプキンを装着していたので被害は最小限でしたが…。その時にはそのまま二度寝はさすがに気持ち悪いのでシャワーでお尻を綺麗にしましたが、シャワーをお尻に当ててしゃがんでるときには「はぁ。なにやってんだろおれ…。」となかなかの切ない思いに駆られたものですが、それと比べたらおしっこなんてかわいいもんですな。はははは・・・。

しかし、おしっこもおうんちも漏らすし、ひそかに女性用ナプキン使ってたり、こんなブログ友達には見せられませんなー(笑)がんばっても両親が限界ですが、どうせ母親は過剰に心配して面倒なのでやっぱり見せられませーん(笑)



2018/3/10(昨日)の記録
体重49.2kg、体温朝36.7~夜36.6、軽微腹痛(へそ周り)、へそ固さ中、便回数2(軟便・下痢)
※昨日1日発熱しただけで体重が1㎏以上減ってる…。おそるべし消耗性疾患…。


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側臀部に1か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・エレンタール6包/日(栄養補給・成分のアミノ酸が炎症を抑えるとも…)
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)


<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
03.10

睡眠って偉大です。

Category: 日常
2018年3月10日(土)

ようやく週末です。

昨日は朝から発熱したので焦りましたが、予想通りしっかり眠ったら熱も倦怠感もありません。やっぱり睡眠は偉大ですね!スペインなどではシエスタなんていって大人でも普通にお昼寝タイムがあるようですが、昼寝が脳を活性化させて業務効率化アップなんて話も科学的に説明できるようですし、日本でもどんどんシエスタを導入すればいいのに!!と大きな声で言いたいです。ちなみにお昼寝に一番適した時間帯は午後2時~3時頃だそうです。(ちゃんと朝起きる人の場合です)たしかにその時間は会社のみなさんほとんど眠そうにしていますね。寝てる人もいるかも。少なくとも眠りそうになってるひとは見たことあります(笑)そのときはどうしようもないダメな人だなぁ、なんて思って見てましたが、科学的にはその後に活性化して業務効率が上がる訳ですから、その人なかなか侮れないですね。

今日はこのあとエレンタールを2P飲んで、このまま体調が落ち着いていたらまたビリヤードへ出陣してまいりたいと思っとります!ビリヤードをやると適度な運動による適度なストレス発散が見込まれます。あたくしは「リハビリヤード」と呼んでいます!ぜひとも一生の趣味としてみなさんもどうぞ~!まずは自分専用のキューを買っちゃいましょう~。(ちなみにあたくしは5本ほど所有しています(無駄))

それでは。



2018/3/9(昨日)の記録
体重50.6kg、体温朝37.7~夜36.8、倦怠感での目覚め。軽微腹痛(へそ周り)、へそ固さ中、便回数3(軟便・下痢)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側臀部に1か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・エレンタール6包/日(栄養補給・成分のアミノ酸が炎症を抑えるとも…)
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)


<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
03.09

油断するといつもこう。疲れは残しちゃいけません。

Category: 日常
2018年3月9日(金)

昨日の血液検査では、もう何年もお目にかかったことのないCRP1.12という好記録を叩きだし、夜も気分よく眠りについたのですが、いつものようにエレンタールでジャブジャブのお腹のまま寝ると夜中に必ずおしっこで起きます。大抵膀胱はパンパンで破裂するんじゃないかというほどで、背筋を伸ばしたらやばい!もれる!?というギリギリな感じで、それでも急ぎ足どころか振動を恐れてそろりそろりとトイレまで向かう途中…。

? ?? ???

なんだかすっごい身体が重た~い。だるーい。なにこれ。いや、この感じ知ってるぞ?これは熱発したときのやつだ。。。多分いま熱測ったら38℃くらいあるわ。きっと。。。

時刻は深夜2時半。用を済ました私は熱なんかあと4時間寝れば治るわい!という意気込みで再度眠りについたのでした。

朝です。いつも目覚ましを6時50分にセットしているのですが、最近は目覚ましに起こされた記憶がありません。大抵6時ごろにトイレに起きて、そのまま目が覚めてしまいます。もしかしたらゼンタコートの副作用なのかもしれませんが、微妙すぎて何とも言えないところ。。。

さあ、熱を測ってみましょう。夜中に感じた倦怠感は不本意ながらほぼそのまま残っております。これは嫌な予感でしたが、見事的中37.7℃。これは発熱ですね。その他の症状としては、狭窄になってから便秘気味の私としては珍しく、早朝から3回ほどゆるゆるなおうんちをいたしました。これは、狭窄関係の体調不良ではなさそうです。では一体なんなのでしょう。って毎回のことなのでわかってるんです。そう。


疲れです。


最近、特にブログを始めてから(笑)寝不足が続いています。病気を管理するために始めたブログで体調崩してたら世話無いですね。でもブログって文章を書くわけですが、それが夜の10時とか11時とかになると、ただでさえ空っぽのおつむの中からどうにかこうにか言葉たちをひねり出していく作業というのは、完全に頭がスッキリとさせてしまいます…。今までなら10時過ぎたらお布団へもぐりこんで寝る体制だったのが、血走った眼をしてブルーライトを一身に浴びてキーボードを一心不乱に叩いてます。睡眠時間も減るはずですよね(笑)

今日は熱があったものの、仕事も落ち着いてきているので会社に行ってみました。もし具合悪くなったら早退すればいいですし。思えば39℃とかあるなかで電車に乗って通院することも何度もありましたし、38℃弱くらいで通勤ができないわけないです。会社もお地蔵さんのように机に静かに座っている仕事ですし。ブログ書いてる時の方がキーボード叩く手に力入ってます(笑)

冗談はさておき、若干体調悪化への不安はあったんですが、会社でいつも通りに仕事をしていたら何だかだるさも軽くなっていき、午後に熱を測ってみたら36.8℃まで下がってました。休まなくてよかったです。有給には限りがありますから。

今回はどうやら無事に済んだようで良かったんですが、やっぱり疲れは危険です。昨日の関東地方は急に冬の寒さに逆戻りだったのも、疲れた体を冷やすことになって発熱を誘発したんだと思います。千葉って風が強いんです。よりにもよって通院日にそんな気候にならなくてもいいものですが、きっと日頃の行いが悪いんでしょうね(涙)精進します…。

あたりまえですが、疲れには睡眠が一番です。今日は、今日こそは夜更かしせずにたっぷりと眠りたいと思います。明日が休みでよかった~。

それでは。



2018/3/8(昨日)の記録
体重50.2kg、体温朝36.8~夜36.7、軽微腹痛(へそ周り)、へそ固さ中、便回数3(軟便・下痢)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側臀部に1か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・エレンタール6包/日(栄養補給・成分のアミノ酸が炎症を抑えるとも…)
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)


<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
03.08

通院(2018/3/8)

Category: 通院
2018年3月8日(木)

今日は通院日でした。

先月の通院では、その数日前にやらかしたイレウス(軽いやつ)の影響が血液検査に色濃く反映し、CRP6.68というありさまでございました。6.68と言われても「?」でしょうけど、標準値が0.3未満ですので、なかなかの高値です。多分普通の人が急に6上がったらめちゃくちゃしんどいと思います。でも常に具合悪い私はマヒしてしまって「6.68?ふーん。高いなぁ。」ってな感じです。そういえば前回は検査結果の数値を見て主治医も心配してくれたらしく、アシスタントの方が待合室まで「サンプサンプさん!具合悪いですか?すぐに呼ばれますからね!」とわざわざ声をかけてくれたのでした。急に声をかけられた私はそのときボケーっと座っていたのですが、びっくりしてしまって「ほぇ~?」という間抜けな返事しかできなかったのでした。きっとますます心配されたのだと思います。

さて、本日の検査結果です。診察室へ呼ばれた私はドアを3回ノックし、中へ入って「こんにちは~」という挨拶を交わすや否や、主治医の机上に置いてある検査結果の紙面に目を走らせるのでした。まるで渡された通信簿を恐る恐る開いて確認するときのような、期待と不安が入り混じった気持ちで…。前回のブログでも書きましたが、目標は2以下なんです。贅沢は言いません。最近痛みも(ほぼ)ないし、膨満感も(ほぼ)ないし、熱も(ほぼ)ないし、何よりもエレンタールで暮らしてるんです!間違いなく前回よりも下がっているに決まっているのですが、なんともドキドキします…。

いつもの紙面なのでどこにCRPが記載されているかは知っています。

あ。

ん?

おお。

1.12!

1.12が出ました!

わー。期待以上に下がってますよこれ。がんばっても2.2とか2.3とかじゃないかな~と思ってたので、本当に期待以上です。ピョンチャンオリンピックのメダルラッシュみたいなもんです。

これは、ひとえに厳粛にエレンタール生活を実行したおかげ、と言いたいところですが、きっと「ゼンタコート」の効果がより大きいのではと思います。ゼンタコートとエレンタール生活のダブル効果というところでしょうか。さすがステロイドです。しかも今のところ副作用を感じていません。ステロイドでしっかりと炎症を抑えて、エレンタールで狭窄の問題をクリアする、すばらしいコンビプレイです。

今後もCRP1前後で抑えられれば、本当に手術は回避できるかもしれません。ただしエレンタール生活がもれなくついてきますが…悩ましい~。

主治医に確認したこと
私「この調子でいけば手術は回避できますか?」
主治医「クローン病の場合はやはり手術はやむを得ないときにだけすべき。状態が落ち着いている中で手術に踏み切る必要はない」
私「へそのすぐ下がぽっこりして固いんですけど、これは小腸ですか?なんでこんなに固く膨らむんでしょう?」
主治医「そこは小腸。大腸狭窄の影響である」
私「エレンタール6P/日に増やしてもらいたいです」
主治医「偉いのである。近年は栄養療法を厳しく言う医者は少ないが、本来であれば栄養療法をもっと実施するべき。しかし患者に強制するわけにもいかない。非常に難しい問題なのである。」

実際の主治医はこんな偉そうにしゃべりません(笑)エレンタール生活をしていることを誉められました~。誉められると伸びるタイプです。ガンバリマス。

あ、ちなみに貧血は相変わらず10に届かず、フェロミア継続です。(基本的にふらついてます(笑))

次回の通院は4月6日です。




2018/3/7(昨日)の記録
体重50.4kg、体温朝36.8~夜36.4、軽微腹痛(へそ周り)、へそ固さ中、便回数2(軟便・下痢)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側臀部に1か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・エレンタール6包/日(栄養補給・成分のアミノ酸が炎症を抑えるとも…)
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)


<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
03.07

エレンタールって不思議なものですね。

2018年3月7日(水)

こないだの日曜日からエレンタールを一日6P飲んでます。1Pで300Kcalなので1800Kcalです。1日の成人男性の摂取カロリーとしては少々物足りないですが、体重50kg弱のもやし人間にはとりあえずは十分なようで、この3日間でおよそ1㎏体重が増加しました。日曜日は49.4kgだったのが、今朝は50.4kgです。体重計には毎回できるだけ同じ条件になるように、毎朝起きてトイレに行った後すぐに乗るようにしております。まあまあ正確な増減が測れてるのではないかなぁ。と思っているのですがどうでしょう。

エレンタールというやつは本当に不思議なもので、あるときはなぜか身体が受け付けずに1Pすら飲みきれないときもあれば、最近のように2Pをいっぺんに作ってそのまま10分程度で飲み干してしまえるときもあります。おそらく腸の炎症具合が影響しているのでしょうが、私の場合は体調が悪い時ほどエレンタールを受け付けません。そんな時こそエレンタールが必要なのに、一生懸命飲もうとしても身体に入っていかず、普通に吐きそうになります。

エレンタールの飲み方を昔と比べて多少工夫しているとはいえ、今はどうしてゴクゴク飲めるのでしょう。お粥食べて腹痛と発熱に襲われるような、腸閉塞一歩手前の状態なんですけどね。それとも今ならお粥食べても腹痛も発熱もやってこない、ということなのでしょうか。大した栄養も美味しさもないお粥にチャレンジしてまた地獄の時間を過ごすという割に合わないことはやりませんのでこれは想像ですが、多分またお粥食べたら腹痛も発熱もやってくるような気がします。こないだよりも軽いものかもしれませんが。

私の今の状態は、狭窄はあるけど炎症は落ち着いている、という感じなのではないかと想像しているのですが・・・。明日は通院日で採血がありますので、CRP(炎症の指標)*を確認してまいります!前回は6.68で相当悪い状態だったのですが、今回は2を切ってほしいなぁと期待しています!(でも大体裏切られる…)

*CRP…正常値は0.3未満とされています。


2018/3/6(昨日)の記録
体重49.6kg、体温朝37.0~夜36.4、軽微腹痛(へそ周り)、へそ固さ中、便回数4(軟便・下痢)

<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側臀部に1か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。


<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
03.06

久かたぶりのアクティブな週末

Category: 日常
2018年3月6日(火)

今日は火曜日ですが、こないだの土日はいつもの引きこもり安静ホリデーとは違い、出かけることができました。土曜日はまずメガネ屋さんへメガネのレンズ交換や修理をお願いしに行った後、本気の趣味でやってるビリヤードを1時間ほど。日曜日もビリヤードを1時間ほどした後、予約をしていた美容室へ髪を切りに。

ビリヤードについては、クローン病になってから始めた趣味ですが、技術的に多少ハードルは高いものの、とても奥深いスポーツですし、体力のない難病患者にとっては丁度良い塩梅の運動になって、同朋のみなさんには本当におすすめできる趣味だと思うのです!ギャンブル、タバコ、お酒、あんまり健全なイメージがないという部分もあるにはあるのですが、昼間から開いているお店もありますし、決して不健全ではないですからね~。そうそう、最近ではあの武井壮さんもプロを目指して特訓中なんですよ!

それにしても休みの日に外出するのなんて本当に久しぶりで、きっと絶食エレンタール生活や、ゼンタコートの効果が出てきているのだと思います。エレンタールについては処方されているのが1日4p(1,200Kcal)ですが、在庫をチェックしたら次の通院まで余裕があったので、日曜、月曜と1日6p(1,800Kcal)飲んでみてます。なんせ2リットル近く飲むことになるのでお腹タプタプが心配でしたが、飲んでみると結構大丈夫でした。最近栄養不足を感じていたということもあってエレンタールを増やしましたが、早速体調に表れてきているような気がするのは気のせいでしょうか。(いろいろと信じやすいたちです(笑))

この調子この調子。
それでは。



2018/3/4(一昨日)の記録
体重49.4kg、体温朝36.4~夜36.6、軽微腹痛(へそ周り)、へそ固さ中、便回数3(軟便・下痢)

2018/3/5(昨日)の記録
体重49.4kg、体温朝36.5~夜36.6、軽微腹痛(へそ周り)、へそ固さ中、便回数2(軟便・下痢)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側臀部に1か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
03.04

ゼンタコートその3 そろそろ服用1か月 レビュー

2018年3月4日(日)

薬の仕組み上、副作用が出にくいというゼンタコート。ステロイドです。1日に9㎎飲むわけですが、通常はステロイド9㎎を飲み続ければ何らかの副作用がでます。私の場合、過去にプレドニンというステロイドを服用していたときは、不眠、ニキビ、イライラなどの肉体的にも精神的にも副作用と思われる変化がありました。どれも地味な副作用ですが、特に不眠はボディーブローのように身体と精神に堪えました。

さて、今回のゼンタコートですが、実は服用10日目頃に一度レビューをしていて、その時には不眠が襲ってきた!という副作用報告をしたのですが、そろそろ1か月が経とうとしている今現在、特に不眠に悩まされることもなく無事にすやすやと眠れています。ニキビもイライラも自覚症状としてはありません。良く考えれば、通常のステロイドでもそんなすぐには副作用は現れませんし、服用10日目に不眠気味だったのはどうやら思い込みだったようです…。今週診察がありますが、ゼンタコートを継続するのかどうか主治医に確認してみたいと思います。おそらく炎症の具合(CRP)を見て判断されるんだとは思いますが。前回6.68とかでしたから今回は下がっててほしいなぁ。

それにしても、ゼンタコートを飲み始めてから確かに腹痛は和らいだのですけど、全く同じ時期から絶食エレンタール生活を始めたわけで…、腹痛が治まってきたのがゼンタコートのおかげなのか絶食エレンタール生活のおかげなのか、、、、


全然わかりません!!!(笑)


2018/3/3(昨日)の記録
体重49.2kg、体温朝36.6~夜37.0、軽微腹痛(へそ周り)、へそ周り固い、便回数2(軟便)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側臀部に1か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
03.03

豆腐のスープが美味しいという事実。

Category: OK食品
2018年3月3日(土)その2

前回は栄養不足でフラフラしている感があることを書きましたが、現在の腸の状態といえば、どうやら炎症は治まりつつあり、大腸狭窄による小腸?の腫れはあるものの特に強い痛みもありません。そうです、そこまで悪くないんです。そんな中、ついにある食材に手を出してしまいました。

豆腐(絹)です。

豆腐といえば、クローン病患者にとっては竹馬の友のようなもの。症状が落ち着いているときには決して裏切らない、信頼できるOK食品ですよね。しかもタンパク質が取れます。今のタンパク質不足な私が最も欲している食材といっても過言ではありませんね。ただ、私の場合は約1か月前には、お粥でさえ発熱・腹痛を引き起こしてしまったのです。あの優しいやつの代名詞、お粥にさえ裏切られる状態になってしまっているのです。豆腐って、、、食べても大丈夫なのか!?

わかりません!!(笑)

はっきり言って分かりませんが、とりあえず昨日の夜と今日の昼、豆腐をスープに入れて食しました。

めちゃくちゃ美味しい~!!

最近研究に研究を重ねていたスーパーシンプルスープの完成度の高まりも相まって、豆腐とのマリアージュが半端ではないです。昨日は中華風豆腐スープ。今日はそれに+白みそでの豆腐スープ。ほんっとに旨いっす!!豆腐程度なら大丈夫な状態のみなさんには是非是非おすすめですよ~!

旨いのはわかったんですが、果たして大丈夫なんでしょうか。

実は、大丈夫だと思ってるんです!昨晩食べても今朝熱も腹痛もなかったのが何よりの安心材料で、だからこそ今日のお昼にも食べたのですから。ただし、ポイントは量だと思います。1回で1丁とかはダメだと思います。私が食べたのは80gでパックされている小ぶりなものです。OK食品も許容量を超えて摂取してしまうと平然と裏切ってきますのでご注意ください!少なくとも1か月前のお粥は自分には少し多かったんだと思ってます。

お粥も食べたくなったらお腹いっぱいにしない程度に食べてみようと思います。でもあんまり食べたくない~(笑)
人間、できる限り好きなものを食していきたいものですよね。

それでは。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。