FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
02.28

メールで思いを伝える難しさ・・・

Category: 仕事
2018年2月28日(水)

今日で2月も終わりですね。そろそろ冬の寒さともお別れできるのでしょうか。

いやぁ、メールでのコミュニケーションって本当に難しいですね。
仕事ではメールを使って仕事をすることがとても多いのですが、大変非効率だと思う場面が多々あります。完全に相手次第な話なんですけどね。普通なら一往復で終わる話が、話の通じない相手だと3倍、4倍も往復したあげく、全然筋違いの別の話に展開されていく、という奇跡的にあほらしい結末を迎えることになるのです。うちの部にも何名かそんな厄介な存在がいるのですが、それはうちの会社だけに限られたことなのか、それとも皆さんの職場にもいるものなのか、とにかく話が通じないんです。まるで別の常識を身につけているのです。これがなかなかのストレスでした、きっと宇宙人と話をしようとすると同じような気持ちになるのかもしれません。こんな経験、もし皆さんも日頃味わっているのでしたら、なんか自分だけじゃない!って元気付けられるのですが(笑)

そういう宇宙系の人というのは、得てして被害妄想に駆られている傾向があるような気がします。こちらは何も責めていないのに、恐らく何らかの責任を問われていると思い込み、いきなり攻撃的にやってくるので、こちらはとにかくキョトンとするしかありません。「いやいや、そんな話はしてないですよ」というような説明をしたとしても、なんということでしょう。更に自衛権を行使してこようとするのです。いやもう、本当に恐ろしい。この世の中にはどうしても理解しあえない存在というものがあるのだなぁ、と北朝鮮やISのニュースを目にしたときと同じ、とても虚しい気持ちになってしまうのです…。

昨日今日と、まさに1分で終わるような話が思いっきりこじれ始めたメールがあったんですが、もう忙しい時期に入っていて相手にしている暇も体力もないのでスルーしてしまいまいした~。もちろん自分の文章力にも問題があるのだと反省しているのですが、最も反省しているのは、その人にメールをしてしまったことです(笑)今の自分のレベルではとても太刀打ちできないモンスター…。

と、最近の愚痴を文字に吐き出して今回はおしまい。(なかなかスッキリしますね(笑))



2018/2/26(一昨日)の記録
体重49.6kg、体温朝36.7~夜37.0、軽度腹痛(へそ周り)、膨満感なし・へそ周り固い、便回数1(軟便)

2018/2/27(昨日)の記録
体重49.2kg、体温朝37.0~夜36.6、中度腹痛(左下腹部&へそ周り)、・へそ周り固い、便回数2(軟便)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
02.26

サラリーマンをギリギリでやっています。

Category: 仕事
2018年2月26日(月)

やばいです…。仕事が忙しくなってまいりました…。

私はある企業の特例子会社に勤めています。
仕事は簡単に言うと人事系の事務というところですが、親会社約6千人の社員の人事データやその社員が所属する部署データを取り扱う仕事です。誰がいつ何処の部署にいたか調べるとか、新しく出来る部署のデータを作るとか、廃止される部署のデータを消すとか、毎月の男女別だったり職種別だったり職級別だったりの従業員数を集計したりとか、部署ごとの人件費を集計したりとか、そんな感じの仕事です。

商社である親会社は、毎年4月になると大きな組織変更を行います。人の異動がたくさん増えます。その関係でまだ2月だというのに忙しくなってきてしまいました~。ただでさえ1日千数百キロカロリーしか摂取してない、狭窄持ちでイレウス寸前のガリガリクローン病患者だというのに、定時(17:30)で帰れない日々に襲いかかられてしまいそうです…。普通に残業してしまったらその時点でほぼ死亡フラグです。幸い上司が理解ある方で、どんなに繁忙期になっても定時で帰ってくれて大丈夫だからね!と言ってくれてはいるのですが、帰れる気がしない~。いや、心を鬼にして帰るしかないのです。ここが私の踏ん張りどころ。ちなみに今日は定時ダッシュするつもりが気づいたら19時でした…。ちょっと油断するとこれです。1時間半の残業なんて普通に考えれば大したことないとも思うんですが、クローン人にとって蓄積疲労はあなどれませんよ!今まで何度も失敗しております!

4月中旬頃には繁忙期は終わります。そこまで今現在のギリギリ土俵際でもいいから、この体調をどうにかキープして、その時こそ主治医に狭窄部分切除手術の相談をするのだ!繁忙期が終われば心置きなく入院できる!しかも緊急手術ではなく計画的な手術を受けるのだ!そしてまた、ホカホカの白飯のおにぎりを頬張るのだ!!!すみません、少々気持ちが高ぶりました。

もし術後の経過が良くて、1~2ヶ月で復帰できれば大成功。きっと数年はクローン病であることを忘れてしまうような、幸せな毎日がやってくるでしょう。反対にもし術後の経過が悪くて、縫合不全とかで再手術、さらに縫合不全で再手術、、、とかで休職が長引いてしまった場合は、解雇になります~!実はもう会社で定められている休職期間3年間をフルで使い切ってしまっているのです。今年は運命の分かれ目の1年になるかもしれませんな~。

こんな感じで、サラリーマンをギリギリでやっています。



2018/2/25(昨日)の記録
体重49.6kg、体温朝36.3~夜36.9、腹痛(へそ周り・軽微)、膨満感なし・へそ下固い、便回数2(軟便)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
02.25

整体(ツボ押し・マッサージ)

Category: 日常
2018年2月25日(日)

やっぱり休養って効果ありますね。
昨日まで腹痛&膨満感でまあまあしんどかったんですが、土曜日しっかり寝て、今日もしっかり睡眠とれたみたいで、腹痛はほぼ無くなり、膨満感も治まってきました。膨らんでたお腹がへこんできたんですが、何なんでしょうこれ、おへそのすぐ左下のところ、直径5~6㎝くらいの範囲でポコッと膨らんで、しかも触ると固いんですよね。痛みはほぼないです。いろいろ調べてみましたけど、直腸からS状結腸のところに便が溜まってるのかもしれません。なんせ、イレウスやる前は1日6~8回出てたものが、今は一日1~2回、0回なんて日もあるくらいですから、、、とはいえなんで詰まってるんでしょ。直腸には狭窄は無いはずなんですけどね…。

さて、今日は行きつけの中国整体でツボをゴリゴリやってもらってまいりました。整体といってもアクロバットな体勢でバキバキやられるわけではございません。中国人の先生が頭から足裏までのツボを手や肘を使ってマッサージしてくれます。丁度イタ気持ちいい感じでやってくれます。ちなみに整体院は従業員の方と二人でやってらっしゃるんですが、二人とも中国の方で、お二人の会話の中で施術を受けていると、異国情緒も味わえちゃいます。先生は日本在住20年ですので日本語大丈夫です。

いきなりですが、IBD同志の皆さん、腰の具合は如何ですか?
私は腰がかなり調子悪いです。石みたいに固いコリがあって、そこはどれだけ強く押しても痛みより気持ち良さが勝ちます。腰には大腸のツボがあるせいか、私の場合は腹痛が起きた時に腰のツボを押すと痛みが和らぎますが、皆さんも同じでは?中国整体ではいつも「腰を思いっきりやってください」とお願いしています。

今日も相変わらずの便秘で、夕方までオナラばっかりプースカと出るのに一向に便意がやってこない不吉な時間を過ごしておりましたが、整体で腰をやってもらうと、たちまちお腹がぎゅるるるるーと動きだし、オナラを我慢する羽目になりました(笑)19時過ぎまで75分ほど整体を受けたのですが、整体後にお腹を触ると、なんとあの固い膨らみが小さくなってるではあーりませんか。帰宅後すぐにトイレに直行し、無事に脱糞いたしました。中国整体にはもう4年ほど前から通っているのですが、改めてマッサージってすごいかも、と再発見した気持ちです。

皆さまも整体に通いましょう!とは言いませんが、テニスボール等を使った自分でもできるマッサージもありますし、やらないよりはきっとマシですので、ぜひぜひお試しいただきたい!と思った次第でした。テニスボール良いですよ!野球ボールでももちろん良いと思います。私はいまソフトボールでやってますが(笑)ボールの上に寝っころがるだけです。まだの方、ぜひともお試しあれ。

今日はエレンタール5pいきました。歯磨き忘れずに!おやすみなさい。


2018/2/24(昨日)の記録
体重49.6kg、体温朝36.6~夜36.8、腹痛(へそ周り)、膨満感・へそ下固い、便回数2(軟便)*体重少し増えた


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
02.24

絶食エレンタール生活での暮らし(イレウス発症~今日まで)

2018年2月24日(土)

お腹が張ってるです。

木曜日は膨満感と腹痛が強くてどうしようもなかったので会社早退して、早寝しました。やっぱり睡眠は偉大ですね。翌朝は痛みも張りもだいぶ引いてくれて、歩いてもお腹に響くこともなかったので会社行ってきました。ていうか、歩いてお腹に響くのって、嫌ですよね。どんだけ腸がやられてるんだよ!と。。。正直テンションさがりますよね。朝は腹痛が落ち着いていても、1日会社にいると午後にはまたお腹が張ってきて痛みも出てきます。さすがにデスクでオナラをプースカ放つわけにはいかないですもんね。たぶんガス溜まりが大きな要因ではないでしょうか。横になって気兼ねなく屁を放てるようなスペースが職場にあれば良いのですが。働き方改革に期待しましょう。

今日も昨日よりは痛みは治まっているような気がするものの、お腹が張ってるです。天気もいいし、昼間少し散歩しようかと外に出てみたのですが、お腹痛くなってきてそうそうに退却しました。仕方ないのでこの週末はNG食品にだけ気を付けながら安静第一で頑張りたいと思います!

いつも前置きが長くてすみません。
さて、狭窄ちゃんのおかげでエレンタール生活を余儀なくされている日々が続いておりますが、一応サラリーマン生活も継続できております。そんなあたくしの平日のやり過ごし方(ほぼルーチン化してます)を記録までに整理しておきたいと思います。

【平日(月~金)】
・6:40 起床
    服薬①ゼンタコート、大建中湯
・7:20~30頃 エレンタール2P *10分弱で飲みます。早いかな?
    服薬②ペンタサ、ビオフェルミン、ビオスリー、ネキシウム、フェロミア
    サプリメント①ビオチン、ビタミンC、亜鉛、マルチビタミン
・8:00~8:50 通勤(電車約40分。徒歩約10分)*途中コンビニで昼飯「朝バナナ」を購入。
・9:15 始業時間 *仕事は人事関係のデスクワーク。仕事の話しはまたの機会で。
・12:00~13:00 昼休み *「朝バナナ」は180KCalある飲むゼリー。
    服薬③食前:大建中湯
    服薬④食後:ペンタサ、ビオフェルミン、ビオスリー
・17:30 終業時間 *体調が悪いときは17:40頃には退散します。
・18:00~18:30頃 退勤 *平均30分ほど残業してます。
・19:00~19:30頃 帰宅 *たまにスーパーに寄ります。
    服薬⑤大建中湯
・20:00~21:00頃 エレンタール2P、特製スープ(美味しいです)
    服薬⑥ペンタサ、ビオフェルミン、ビオスリー
    サプリメント②ビオチン、ビタミンC
    服薬⑦レンドルミン
・22:00~24:00頃 就寝 *ブログ始めてから少し夜更かし気味です…。
・~6:40 睡眠 *夜中に1回はトイレ(小)で起きます。

エレンタール、薬、サプリメントを色づけしてみました。どんだけ飲んでるんでしょう。完全にクスリ漬けですね(笑)あと、最近はなかなか一週間続けて働き続けることがキツイらしく、大体木曜日頃に早退したりしてます…。さて、みなさんはどんな毎日をお過ごしでしょうか。平和が一番だと思います。

2018/2/22(一昨日)の記録
体重49.8kg、体温朝37.0~夜36.9、腹痛(左下腹部)、膨満感、全身倦怠感、便回数0、便秘

2018/2/23(昨日)の記録
体重49.2kg、体温朝36.5~夜36.4、腹痛(へそ周り)、膨満感、便回数2(軟便)*体重減ってきた…


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなし。女性用ナプキン当ててます。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なしとのこと…) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分・貧血治療)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
02.22

エレンタール生活の中での嗜好品としての至高のスープ(要注意)

Category: NG食品
2018年2月22日(木)

どうしましょう。体調がよろしくありません。朝から左下腹部痛が、何よりも膨満感が酷いです。でもイレウス、というわけではないらしく、おならがやたらとプースカ出ます。

これはNG食品をやってしまったときの症状に似ています。基本的にカロリーはエレンタールのみで生活しているのに、一体!?と少し戸惑いましたが、心当たりがありました。

スープです。

スープといっても、だしの素をお湯で溶いて塩もしくは醤油または味噌で味付けするもので、スーパーシンプルスープと一応名付けています。全然お腹に悪そうではないではないか、と多くの方がお思いになるでしょうが、ポイントはだしの素でして、今現在私の食材置場には、かつお、あご、昆布などの和風だしから始まり、ビーフコンソメ、丸鶏がらスープの素、創味シャンタン、ダシダ(韓国の牛肉だしの素)と、非常に多彩なだしの素が揃っていて、毎晩それらをマグカップで調合しながら美味しくスープをいただいてたんです。調合が成功すると、本当に美味しくて、まさに至高のスープです!!

さて、ラインナップをご覧になって、ん?と違和感を感じられた方、鋭いです!
そうです。韓国製の牛肉だしの素、「ダシダ」です。知る人ぞ知るアイテムではないでしょうか。これ味が濃くて美味しいんですが、にんにくなどの混合薬味ミックスやらタンパク加水分解物やらで、なにやらジャンクフードっぽい味付になるんです。調べてみると、フライドポテトと一緒にシャカシャカすればマクドナルドの気分になれたり、吉野家の牛丼を再現できちゃうみたいです。

昨日一昨日と、ダシダを調合したスープを飲んでますので、恐らくこれが悪さをしているのではないかと・・・。でも美味しいんですよね。エレンタール生活でしょっぱいものが欲しくなった身体には本当に沁みる美味しさなんです。。。とりあえず今回の腹痛が落ち着いたら、これからも少量使いでお世話になろうかと企んでいるのですが(笑)まぁ、ダシダには慎重に向き合いたいと思います!

こないだノンカフェインコーヒーで痛い目見て、今度はダシダスープです。
腸への刺激物、あなどれませんね。

今日は会社も早退してきて調子が悪いので早寝します!
おやすみなさいませ。



2018/2/21(昨日)の記録
体重49.8kg、体温朝37.3~夜36.7、腹痛あり(左下腹部)、便回数2(軟便)、便秘感あり


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなしです。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なし) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
02.21

ゼンタコートその2 服用10日目 副作用!?

2018年2月21日(水)

ゼンタコートを飲み始めたのは2月11日です。今日で10日が経ちました。
この薬の特徴は、ステロイドなのに副作用のリスクが少ない!ということなんですが。
どうやら軽く出始めたようです。。。

ステロイドは過去にプレドニンを服用していた時期がありましたが、その時の自覚していた副作用としては、不眠(早期覚醒)、ニキビ、イライラ、といったところでしょうか。特に不眠とイライラは地味ですが結構きつかったです。

そして今回、不眠の症状が出始めました…。
これまでは寝つきも良く、起きる時間まで比較的しっかり眠れていたのですが、ここ数日は夜寝つきが悪く朝目覚めが早い(0時過ぎに寝て5時半頃には起きてしまう)、といった感じで。まだ軽い方だとは思いますが、はっきり言って寝不足による体調悪化が心配です。

実際に今日はお腹が張って、左下腹部が痛いのです。
エレンタール生活なのに、悪いもの食べてないのに、これは多分寝不足が原因なんじゃないかと思います。平日の疲れがとれてないんだと思います。クローン病悪化には精神的なストレスはもちろんですが、肉体的な蓄積疲労もかなり影響しますからね。

そもそも、肝心の効き目のほうはどうなんでしょうか。
確かに痛みは落ち着いてますが、修行僧のようなエレンタール生活の賜物のような気もしますし、、、とりあえず次回のCRPで確認ですね。前回が6.68だったので下がってないと困るんですけど。(ゼンタコート飲み始めてからアトピーが妙に落ち着いていて、これはこれでちょっと怖いです)

とりあえず次の通院(3/8)まで、16日間は続けますので、また何かありましたらご報告します!

ではではー。


2018/2/20(昨日)の記録
体重49.8kg、体温朝36.7~夜36.7、腹痛若干あり、便回数2(軟便)、便秘感あり


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなしです。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なし) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
02.20

クローン病とタバコ そして禁煙へ

Category: 禁煙
2018年2月20日(火)

本日、東京はなかなか暖かいです。花粉が飛び始めたそうです。
ですが明日からまた寒さが戻るとのことですので、免疫抑制中のクローン患者としては要注意ですね。
皆さんも気を付けてくださいね。

今回はタバコの話しをしたいと思います。
私がタバコを吸い始めたのは、少し計算が合わないですが15才です…。当然おまわりさんに怒られたこともありますが、吸ってしまっていたのは事実なので仕方ありません。とにかく、15才、中学校を卒業した春休みに、悪友にそそのかされてタバコに手を出したのでした。ダメですね。本当。そしてタバコを止めたのは25才です。都合10年間ほど吸っていたのですが、クローン病になったのが23才ですので、そのうち2年ほどはタバコを止められない不良患者でした。

喫煙者でも1日の本数によってはたいして身体に害は無いんじゃないか、とは、今でも思っていますが(たまに1日2~3本とかいう人がいますが、そんな人には止めた方がいいよ!と忠告する気も起きません)、止めた当時の私は1日に3箱強というかなりのヘビースモーカーでした。。。

はっきり言います。

タバコは、本当に止めたいと思っている人でしたら、絶対に止められます。絶対に、とはなかなかハードルの高い言葉ですが、本当に、本当に止めたい、タバコなんか本当は吸いたくない、タバコから解放されたい、と思っている人でしたらほぼ絶対、99%は止められます。

本当に止めたい、と思っている人でなかなか止められないのは、おそらく、襲ってくるであろう禁断症状に怖気づいているのではないでしょうか。かくいう私もそうでした。家でタバコが切れてしまって、外が台風などで買いにいけない夜などには、考えるだにおぞましいのですが、なんの躊躇もなくまだ少し長さのあるシケモク(吸い殻です!)をいくつか灰皿から拾い、それをテーブルに並べておいて、そのひと吸い、ふた吸い分のために端から火をつけてプカプカとやってしまうのです。「なにやってんだろなー俺は…」という自己嫌悪はもちろんあるのですが、身体がタバコを欲しがってしまって、まさに禁断症状…。最悪だったのは、3つ上の兄貴の灰皿、さらに兄貴のごみ箱からシケモクを漁るときのみじめな気持ちです。

「止めたいけどこんなすぐに禁断症状が来るんじゃ絶対に止められない」

それが禁煙に踏み出せない大きな理由でした。完全に怖気づいていたのです。
同じ理由で禁煙に踏み出せない方、もしかしたらいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そんな私がなんでタバコを止められたのかというと、、、ニコチン中毒についてきちんと理解できたからでした。
ニコチンの中毒性の特徴として、ニコチンを摂取することで中毒になるまでの早さは、他の中毒性物質のなかでもかなり早いそうです。ですが、中毒の強さ、禁断症状の強さとしては実はとても弱いのです。その証拠に、例えば眠っている間はタバコを吸わなくても平気です。また、飛行機や新幹線、映画館など、タバコを吸えない場所での時間も、もちろん途中からタバコを吸うことで頭がいっぱいにはなりますが、吸わなくても普通にやり過ごすことができます。一方で禁断症状の強いものですと、幻覚をみたり、暴れたり、もちろん眠れなかったり、タバコとは比べようもないほどに中毒性が強いです。

実際、タバコを2週間吸わないでいると、身体から99%のニコチンが無くなるそうです。たった2週間で、もう非喫煙者と同じ身体になれるということですね。この情報で勇気をもらった私は、勇気を出して最後の1本を灰皿に強く押し付けながら、タバコにお別れをしたのでした。実際に禁断症状と思われるような事態には一切ならず、止めてから3日間ほどは口の中に違和感(もごもごしたくなる感じ。伝わりにくいですが(笑))があっただけで、それをやり過ごした後は一切タバコのことを恋しくはならず、無事に止められたのでした。

では、なぜ巷には「1か月で禁煙失敗」とか、中には「半年で禁煙失敗」とか、そんな方々がいるのでしょう。

答えは簡単です。それは、その人たちが本当にタバコを止めたいと思っていないからです。
きっとまだタバコに未練があるのでしょうね。禁煙で余計にストレスを溜めるくらいなら、1日に数本とか、最低限の本数で最低限の害に止めることが最善の策かもしれませんね。

リラックス効果など、「タバコの恩恵」というものが少なからずあると感じている人がいることは理解できますが、そのリラックス効果こそが中毒によるまやかしなのです。仕組みとしては、ニコチン中毒になることで身体からニコチン濃度が低くなるとストレスを感じるようになっており、タバコを吸うことでニコチン濃度を上げ、ニコチン濃度が上がった時にリラックスした気分を得られる、というものです。例えば、人差し指を思いっきり逆方向に長い時間曲げ続け、痛みに堪えられなくなったときに指を元に戻す。ほっとしますよね。こういう仕組みなんです。これは、そもそもニコチン中毒でなければストレスなんか初めから感じることはない、ということなんです。説明が上手くできないんですが、お分かりになられる方もいらっしゃいますでしょうか。。。

また、その他の「恩恵」として、私が一番共感できることが一つだけあるのですが、それは職場での一服休憩によるコミュニケーションです。現実としては、このようにタバコがあるからこそ生まれる価値のある時間もあることはあるのですが、良く考えてみてください。間違いなくタバコを使わなくともそういう価値のある時間は生み出せます。「タバコの恩恵」など、本来は存在しないものなのです。

どうでしょうか。タバコを止める勇気が少しでも湧いてきましたでしょうか。
あえて言いますが、絶対にタバコは止められます。だって、吸わなければ良いだけですから。

このブログを読んで、もし一人でも最後の1本にお別れをされる方がいましたら、本当に嬉しいです。

あ、あんまり、というか全然クローン病に関連した話ししてないですね…。
まぁ、クローン病にタバコが効くわけはないので、皆さんタバコは止めましょう~~!



2018/2/19(昨日)の記録
体重49.8kg、体温朝36.8~夜36.7、腹痛、張りほぼなし、便回数1(軟便)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなしです。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なし) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:2  Trackback:0
2018
02.19

親切の裏にあるもの

Category: 日常
2018年2月19日(月)

いきなりですが、今日、帰りの電車で妊婦さんに席を譲りました。

譲るときは目立つのが恥ずかしいので、相手が近くにいないと無理です。そしてそっと立って声にならない声で「どうぞ…」と。我ながら親切な行動だと思います(笑)

そんな私でも若いときは、「席を譲る」という目立つ行為がどうしても恥ずかしくて、寝たふりをしたこともありました。ゲームに夢中で気づかないふりもしたことがあります。

でもあるとき思ったんです。寝たふり、気付かないふりをしている時間の、なんと気まずいことか!「どこか席空け~」とか、「誰か譲ってあげて~」とかひたすら他力本願になってたり…。全然落ち着きません。

なので、気まずい時間を回避するために率先して席を譲ります。そうです、自分のためなんです(笑)
席を譲ってしまう皆さん!皆さんもその親切の裏側にはそんな動機があったりするんじゃないでしょうか!!
やらない善よりやる偽善、という言葉もありますように、そんな自分勝手な動機だって、やらないよりは良いではないか!!と自分を正当化して大きな声で叫びたいのであります!!皆さんも自分勝手な親切をどんどんやっちゃいましょう!!

ちなみに、先日、目の前に立った女性が妊婦さんだと思って「やばい!気まずい!!」と速攻で譲ったら、「違います」と。。。めちゃめちゃ気まずい!!!「すいません・・・」と死にそうな声で謝罪をした後、一度離れた席に再度座り、必死にスマホを操作し続け、一切顔を上げることはできませんでした。多分顔も真っ赤になってたと思います。めちゃくちゃ恥ずかしいし、妊婦さんと間違えるとかって、最低なんじゃないかと、、、走って逃げ出したい気持ちでした。しかも、その女性、目の前から全然居なくならない、という。。。きっと目の前の失礼極まりない男のことをLINEでお友達にご報告されてたことでしょう。はぁ、最悪です…。その方はワンピースを着ていてデイバッグを背負っていて、お腹のあたりが膨らんで見えたんです。ちゃんと見たら違ったのが分かったのかもしれませんが、なんせ気まずいのが嫌なんで速攻で動いてしまいました。気まずいのが嫌だったんです…。


えーと、妊娠していない女性に席を譲るのは、妊娠している女性に席を譲らないよりもかなり気まずいので、くれぐれもご注意ください…。



2018/2/18(昨日)の記録
体重49.8kg、体温朝37.0~夜37.0、腹痛チクチク、張りほぼなし、便回数1(軟便)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなしです。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なし) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
2018
02.18

ビオチン療法

Category: サプリメント
2018年2月18日(日)

オリンピック盛り上がってますね。羽生くん金メダル取ってくれましたね!宇野くんも銀メダルは本当にすごい。お粥ですらお腹が張って微熱が出てしまうという残念な私でも幸せな気持ちになりました。オリンピックって素晴らしいです。

お粥…そうなんです。エレンタール生活の中、一昨日の夜に食欲に負けてチャレンジしたお粥でしたが、翌朝から腹痛と微熱です。おかげさまで昨日はブログ更新してません!症状は大したことないんですが、そこにさらにお粥をかぶせる勇気はありませんね。。。当分のあいだは食事は諦めてまたエレンタール生活に戻ります。エレンタール生活ですと本来なら最低6p(1,800KCal)は摂取したいところなんですが、今処方してもらってるのは1日4p。次回から6pに増やしてもらおうと思います…。そんなに飲めるか自信ないですが…。

さて、ビオチン療法って皆さんご存知でしょうか。
ビオチンというビタミンBを、ビタミンCと整腸剤と一緒に取ると、アレルギーに効くそうです。私はもともとアトピー持ちで、花粉症もあります。クローン病はアレルギーではないですが、免疫異常という点で似たようなもののような気もしていて、少しでも足しになれば、とサプリメントをアマゾンで仕入れてます。整腸剤はビオフェルミンとビオスリーを処方してもらってますので、ビオチンとビタミンCを仕入れてます。ネットで調べると整腸剤はミヤサリンが紹介されてますが、ビオフェルミンもビオスリーも立派な整腸剤ですのできっと大丈夫!

ビオチンですが、私はアメリカの「NOW」というメーカーのものを使ってますが、サプリメントに関しては日本よりもアメリカの方が進んでいて、成分含有量でみるとかなりコスパが優れているらしいです。日本は規制が厳しいですもんね。ただ輸入のためか送料がかかるのでまとめ買いしてます。
ビタミンCはもともと安いし、国内メーカーではDHCがコスパに優れているのでDHCです。これはネットでもコンビニでも薬局でもどこでも買えてお手軽ですね。

そんなビオチン療法を、だいたい1年前から始めました。

効果のほどですが、、、これすごい効く!みたいな実感は正直言ってありません!
よくよく思い返すと、そういえばアトピー湿疹も花粉症も落ち着いているような気がする。くらいの感想です。クローン病にはまず効いてない、かな?(笑)まぁ、サプリメントですし、効果が実感できるとしたらよっぽどだと思うので、こんなもんなのかなと思って続けてます。禁煙も同じで、タバコ止めた効果は全然実感できないんですけど、タバコが身体に悪いのは間違いないので、止めたことで間違いなくプラスはあるはずなんですよね。多分こういうものなんですよね。実感なくてもやらないよりはマシ。ってことなんだと思います。。。


2018/2/16(一昨日)の記録
体重49.8㎏、体温朝36.4~夜36.6、腹痛ほぼなし、便回数3(軟便)

2018/2/17(昨日)の記録
体重50.0kg、体温朝36.8~夜37.0、腹痛チクチク、張りあり、便回数2(軟便)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなしです。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なし) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:1  Trackback:0
2018
02.16

食欲との戦い

2018年2月16日(金)

羽生くんは本当にすごいですね。明日のフリーは見逃せませんね。彼が日本にピョンチャン初の金メダルをもたらすのでしょうか。

本題です。困りました。
食欲が出てきてしまってます。食欲が出るときというのは、クローン病の炎症が落ち着いているときなので喜ばしいことなのですが、狭窄があると話は別です。下手なものを食べてしまうと一気に地獄へ落ちます。最悪なのは食べたものが思ったよりも美味しくなく、満足感を得られないまま地獄に落ちることです。結果地獄に落ちるなら美味しい思いをしたいところですよね。

さて、食欲はあるのですが地獄行きはやっぱり怖いなぁと、何かチャレンジするかどうかを若干迷ったのですが、お粥にチャレンジすることにしました(全然食欲と戦えてない…)。お粥といってもわざわざ炊くのではなく、ストックしているレトルトのお粥なので普通に食べてもたいして美味しくありません。ですのでちょっと工夫してみることにしました。

名づけて「鶏ガラ醤油粥」です。なかなか良いネーミングではないですか。レトルトのお粥を鶏ガラスープで少し煮て、醤油で味付けします。イメージでいうとあっさり醤油ラーメン風のお粥です。実は鶏がらスープの素+カツオ出汁の素+醤油を合わせてのスーパーシンプルスープは先日試して、「お、醤油ラーメンじゃん!」と感動するくらい美味しかったので、お粥アレンジもいけるんじゃないか、と思った次第です。

早速作って食べました。

結果は、「あれ、あんまり美味しくない。」でした…。なんでしょう、かつお出汁を入れ忘れたからでしょうか。でも、なんだかお粥が邪魔だったような、お米の匂いがスープの風味を消してしまったというか…。結局一食分食べてしまいましたが、これで地獄に落ちたらまさに最悪のケース。一体どうなるんでしょうか。イレウスが来ても明日明後日休みだし、とか思ってた節もありますが、本当にやめてほしいです神様。美味しくないお粥で体調崩したら割に合いませんよ神様。とか言ってる間にもうこんな時間。夜中に痛くなりませんように。

お粥でイレウス来たらもう本当に道がないですぞ。
おやすみなさいませ。。。


2018/2/15(昨日)の記録
体重49.8㎏、体温朝36.8~夜36.9、腹痛ほぼなし→夕方から軽い張りとチクチク、便回数2(軟便)


<現在の主な合併症>
・痔ろう(右側に2~3か所) 開通していて痛みはほぼなしです。
・狭窄(横行結腸。手術で切除する以外方法なし) 絶食しながら手術回避中。

<現在の治療>
通院治療
・ステラーラ(2か月に1回。左右の腕に各1本皮下注射)
処方薬
・ペンタサ12錠/日(腸の炎症を抑える)
・ビオフェルミン3包/日(整腸剤)
・ビオスリー6錠/日(抗生剤に負けない整腸剤)
・ネキシウム1錠/日(胃薬)
・レンドルミン1錠/日(睡眠導入剤)
・エレンタール4包/日(栄養補給)
・大建中湯12包/日(イレウス対策)
・ゼンタコート3錠/日(ステロイド・腸の炎症を抑える)
・フェロミア錠2錠/日(鉄分)

<サプリメント>
・DHCマルチビタミン適量
・DHCビタミンC適量
・DHC亜鉛適量
・NOWビオチン適量
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。