FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
01.29

特定疾患と障害者認定のこと

このブログはもちろん自分の病気を管理する上で役に立つと思い始めましたが、同時に僕と同じくクローン病で苦しんでいる方たちにとって、少しでも有益なものになればいいなと考えています。

2014年1月現在、クローン病は国指定の特定疾患として、医療費の公的な助成を受けることが出来ます。申請についてはお住まいの自治体の保健所で受付けていると思います。安部政権の社会保障改革で自己負担額が上がるとか言われてます、どうなることやら。

また、クローン病の病状によっては障害者の認定を受けることができます。認定を受けて障害者手帳の交付を受けると様々な点で優遇を受けることができます。主なものは交通機関・映画館・美術館・博物館・動物園などでしょうか。
障害者認定を受けて得られる最も重要なことは、やはり大手企業の障害者採用枠を受験できるということでしょうか。
障害者の認定基準については各都道府県によって若干異なるようですので、こちらも保健所や役所担当課などでよく確認されたほうがいいと思います。

僕の場合は、発症した2001年の夏に特定疾患も障害者(疾患による小腸機能障害 4級)も認定を受けることが出来ました。障害者認定については東京都で受けましたが、当時の東京都は認定基準がゆるかったらしく、クローン病というだけで簡単に認定してもらえたようです。千葉大の主治医によると、僕の病状では千葉県の基準はクリアできないだろうとのことでした。そして2014年現在では東京都でも基準がずいぶん厳しくなっているという噂を聞きましたが、どうなんでしょうか。

現在の基準では認定されないような軽い病状(実際そこまで軽くはないですが。。)の僕でさえ、障害者手帳がなかったらきっと就職もできなかったでしょうし、不安定な体調のなかで自立して生活するというのは非常に難しいことだったと思います。
国の政策として「障害者・難病患者の自立を支援する」というものがありますが、障害者認定を受けられない難病患者が自立するというのは本当に厳しいことです。真に社会保障費を削減しようというのなら、認定基準を厳しくして障害者を減らすのではなく、必要な人々には広く障害者手帳を交付することこそが障害者の就職を助け、結果的に障害者・難病患者の自立につながるのでは、と思います。
障害者の認定基準はもっと低くするべきだ!!!と声を大にして言いたいです。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。